あなたはどれを希望する葬儀の種類

葬儀の内容を決めることが非常に大変

葬儀の内容を決めることが非常に大変 冠婚葬祭の中で急に行わなければいけないのが葬儀です。病気や事故などで亡くなった場合には、数日も開けずに行うことになります。長い闘病生活のあと亡くなったのであれば、遺族の人たちも心の整理ができますが、急に亡くなったときにはそのまま忙しく時間だけが過ぎていくものです。  

最近では葬儀の種類が増えており、喪主を始めとする遺族により、どのような規模や内容にするのかを自由に選択できます。それでもどれにすれば良いか悩んでしまうことになりますが、終活をしていたことにより、簡単に決めることができる場合があります。しかし、これまで行ってきた葬儀を採用しないときには、親族や菩提寺の僧侶の人たちにしっかりと説明をしなければ後々トラブルに発展してしまうものです。菩提寺の僧侶のなかには、時代に適した葬儀が増えていくことに理解してくれる方もいます。しかし、時代により誕生したかたちを否定する僧侶も存在しますので、トラブルに発展せずに円満に解決したいものです。僧侶とのトラブルでは、納骨ができない場合や戒名を授けてもらえないこともあるなど非常に深刻なものです。そのため事前に説明や確認をしておくことも必要です。  

葬儀を行うときには参列者の範囲を決めることも非常に大変です。生前どれだけ付き合いがある人たちを招けば良いか悩んでしまう遺族も多くいます。曖昧な線引きをすることもトラブルの原因になるので、理解している範囲内で全員に連絡することでトラブルを収めることも可能です。しかし、このやり方では、費用のことを考えると非常に馬鹿にならないものです。多くの参列者が訪れる場合には、香典返しや料理など多くの費用も必要となってきます。そのため参列者の線引きを行う必要があります。  

最近では遺族の懐事情や時代の流行により葬儀の種類や執り行う内容も少しずつ異なってきています。これまで理解されていなかった葬儀でも最近では認知されており、実際に執り行うことが可能になっています。種類が増える事は、遺族にとってもやりやすい葬儀を選ぶことができるので非常に良いことです。しかし、種類が増えていくことでどれを選べば良いか悩んでしまう遺族も実際に増えています。最近ではどのような葬儀を行うことが正解か悩んでしまわないように、種類を理解することも求められています。いろんな条件を考えて選ぶことができれば、円満に行うことが可能です。いざという時のためにある程度の種類を理解しておきましょう。

〔トピックス〕